« ホワイトデーに苦悩 | トップページ | キンボール »

読書

最近、『ナイチンゲールの沈黙』(海堂尊(著))、

『ジェネラル・ルージュの凱旋』(海堂尊(著))を

続けて4冊読みました。

有名な『チーム・バチスタの栄光』(海堂尊(著))は

面白かったので、海堂さんの作品を選んで読みましたが、

個人的には『チーム・バチスタの栄光』が

群を抜いて面白いと思いました。

次が『ジェネラル・ルージュの凱旋』で、

収賄疑惑の内部告発から解決までが本筋です。

最後には緊急救命の現場のスピード感が伝わってきました。

『ナイチンゲールの沈黙』と同時期に起こった話なので、

前半のほうは話が重なる部分が結構あったと思います。

勝手なアドバイスですが、この2作については

『チーム・バチスタの栄光』の存在を一掃してから

期待せずに読んでください。

上記内容については、個人的な感想だと認識してください。

当社ホームページ:http://www.3asys.com/index.html

|

« ホワイトデーに苦悩 | トップページ | キンボール »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1162808/28177936

この記事へのトラックバック一覧です: 読書:

« ホワイトデーに苦悩 | トップページ | キンボール »