« 息子の習慣 | トップページ | ウィンブルドン決勝 »

会話はキャッチボール

『会話はキャッチボールだ』なんて言うフレーズは

よく説教で使われます。

もちろん、私も正論であるとは思っていますが、

お互いキャッチボールができる体制にあることが

条件だと思っています。

つまり、投げ手が受け手の状態を考えずに

突然、ボールを投げつけても

受け手はボールを逸らすかもしれません。

受け手がキャッチできる状態にあるか、

キャッチしてもらうようにしなくては、

ボールを投げてもキャッチボールは成立しません。

私も『会話はキャッチボールだ』なんて主張する前に、

相手に対する気配りを忘れないように

心がけたいと思います。

************************************************

 ★バーコード・システムのことなら★

  当社ホームページ:http://www.3asys.com/

************************************************

|

« 息子の習慣 | トップページ | ウィンブルドン決勝 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1162808/30550797

この記事へのトラックバック一覧です: 会話はキャッチボール:

« 息子の習慣 | トップページ | ウィンブルドン決勝 »