« 鍋島・大吟醸 | トップページ | ひるがの高原『牧歌の里』 »

日本酒について

昨日のブログで、

アルコール類の中では

日本酒が好きだと書きましたが、

日本酒について全く詳しくないので、

ネットで調べました。

 

昔、意味がない等級制度があり、

「特級」「一級」「二級」とありました。

『意味がない』とは、

最も税率が高い「特級」が、

必ずしも一番おいしいとは限らないからです。

結局、その制度は廃止になりました。

今は、アルコール度数で税率が決められています。

国で定めた清酒(日本酒)の特定名称酒には、

吟醸酒、純米酒、本醸造酒の3つがあります。

製法の要件をクリアすることで、

その名称を表示することが出来ます。

(製法の要件は国税庁のHPでご確認下さい)

それぞれを思い切り簡単に説明します。

 吟醸酒 : 特別に吟味して醸造したお酒

       (精米歩合が60%以下。50%以下は大吟醸)

 純米酒 : 水と米しか使っていないお酒

        (精米歩合が60%以下なら、純米吟醸酒。

         50%以下は純米大吟醸)

 本醸造酒 : 精米歩合70%以下の白米を主原科とし、

         そこに醸造アルコールを1割未満添加したお酒

         (精米歩合が60%以下なら、特別本醸造酒)

味については、以下のイメージでしょう。

 吟醸酒 : フルーティーで華やかな香りで、

        後味がさっぱりしたお酒

 純米酒 : 濃厚でコクのある風味のお酒

 本醸造酒 : 飲み口はさっぱりしていて、

          香りは吟醸酒などに比べると薄いお酒

特定名称酒の中では、本醸造酒がリーズナブルです。

もちろん、特定名称酒以外の普通酒が最も安い。

まだまだ、奥が深い日本酒ですが、

ほんの少しはわかったつもりでいます。

************************************************

 ★バーコード・システムでのお悩み解決します★

  当社ホームページ:http://www.3asys.com/

************************************************

|

« 鍋島・大吟醸 | トップページ | ひるがの高原『牧歌の里』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1162808/41593305

この記事へのトラックバック一覧です: 日本酒について:

« 鍋島・大吟醸 | トップページ | ひるがの高原『牧歌の里』 »